筋力トレーニングで人生を変える

筋トレと言えばプロテイン!プロテインを飲む効果的なタイミングについて

筋トレを続けることで、筋繊維が傷つく→休息・栄養補給→超回復→筋肥大と言うサイクルが繰り返され、筋肉は次第に太く強いものになっていきます。

 

筋トレを行う頻度は、筋肉の超回復に掛かるとされる48時間~72時間を目安に考えるのがベターではありますが、筋トレを効率的に続ける為にはその頻度を短縮したり、超回復毎の筋肥大をより促すことが大切であり、プロテインを飲むことは大変効果的なものだと考えます。

 

「プロテイン=たんぱく質」と考えて良いと思います。

 

人間が生きる上で必要不可欠な栄養素であり、頭の先から爪先、内臓や血管、骨までの成長や維持することに必要なものです。

 

たんぱく質は通常、肉・魚・大豆製品など食事から摂られるものですが、より多くのたんぱく質を必要とする筋トレ期間にプロテインを飲むことは、効率良く筋肉を太くすることに繋がると多くの方が考え、実際に利用しています。しかし誤った飲み方をしていては、折角のプロテインも身体は効率良く利用してくれません。

 

プロテインは1日4回飲むのが効果的

 

プロテインは、筋トレ前・筋トレ後・寝る前・起きた時の、1日4回飲むことで、最大限の効果が現れます。

 

1日4回飲む理由は、「筋肉の成長」「筋肉の維持」の2つです。

 

筋トレ前に飲む

体内のエネルギーが不足した状態で筋トレをしてしまうと、今ある筋肉をエネルギーに変えようと身体が働いてしまいます。筋トレを始める1時間~2時間前にプロテインを飲むことが、消化・吸収の側面からも良いと思います。

 

筋トレ後に飲む

筋トレ直後から成長ホルモンが急速に分泌され始めることから、筋トレ後30分以内にプロテインを飲むのが最も効果的だと言われています。
成長ホルモンが多く分泌されているタイミングでプロテインを飲むことが、超回復を早め筋肥大を進めてくれます。

 

寝る前に飲む

ご存知の方も多いと思いますが、人間の成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されています。昔から「寝る子は育つ」と言われる由縁であり、筋トレによって疲労した筋肉は寝ている間の成長ホルモンが回復を促されますので、寝る前の2時間~30分前を目安に飲むことが良いと思います。

 

起きた時に飲む

忙しい現代人は、朝食で十分なたんぱく質が摂れていないことが多い傾向にあります。たんぱく質を始めとした栄養素が不足していると、筋肉を栄養素に変えようと身体が働いてしまうので、朝起きたらプロテインを一杯飲むとその状況を防ぎます。
これは筋トレ前に飲む効果と同様に、今ある筋肉をエネルギーに変えられてしまわない様にすることが目的です。

 

プロテインを飲むタイミングを1日4回とすることで、筋肉の超回復や筋肥大を促すことに加え、今ある筋肉を不足したエネルギーとして使われてしまうことを防いでくれることから、筋トレの効果を更に高めてくれるものとなるのです。

 

まとめ

以上のようにプロテインはただ飲むのではなく、きちんと考えて飲む必要があるのです!

 

しかし、1日4回もプロテインンを飲むとなると費用の面でも少し問題が出てきますね・・・

 

そんな時は、筋トレ前に飲むプロテインを今話題のHMBサプリに置き換えるだけでも費用負担がぐんと下がるのでおすすめになります。

 

HMBは吸収率が高く筋肉の成長と筋疲労の回復をサポートしてくれることから、筋トレ前に6粒ほど飲むだけで、筋トレ前後のプロテイン代わりになるのです。

 

こうすることで寝る前と朝起きたときだけプロテインを飲むことになりますので、費用は半分で済みます。

 

HMBサプリはプロテインの半額ほどの価格なので、費用負担が減り効率よく筋肉を成長させることが可能となるのです。

 

吉本のゴールドジム筋肉芸人達もHMBサプリを愛用していて、SNSでも話題となっていますので、今後はプロテインとHMBの併用が主流となってくるでしょう。

 

そんなゴールドジム芸人たちが愛用しているHMBサプリは、マッスルエレメンツHMBと言う国内産のサプリで、海外産のように不純物が多くないので筋肥大に絶大な効果を発揮してくれます。

 

プロテイン一択か、HMBと併用するかは自由なのでお好きな方を選択してください!

更新履歴